• トップ /
  • 工業における浸水対策の重要性

工業における浸水対策の重要性

工業を営む企業にとっては浸水対策は企業の存続に関わる重要な課題です。その為、適切な対策を行う事が非常に重要となりますが、その対策の度合いについては不透明な部分が多く、その安全性と掛かる費用についても指針がなかなか打ち出せないのが実態です。しかし、工業はその継続性が非常に重要であるため、浸水対策についても業務の継続性を維持するという観点から様々な要因を考慮して決定する必要があります。その一つの目安となるのが浸水時における事業継続期間です。万が一工場が浸水した場合、従業員が非難するためにどの位の時間が掛かるのか、あるいは浸水してその機能が停止した場合に復旧期間がどのくらいかかるのかといった点を予測し、その期間や損害の金額を算出することで、浸水対策に対する費用を積算する事が重要です。長期間操業停止に追い込まれるような事態が予測される場合には、その損害額は膨大なものとなるため、これに見合うだけの対策費用を掛ける必要があるのです。浸水対策の費用を想定するのは非常に難しい物ですが、工業に於いて重要な事は事業継続性であり、これを大きく損ねるリスクがある場合にはこれに呼応した規模での対策を講じることが重要です。

工業の深い情報

↑PAGE TOP