• トップ /
  • 工業地域には浸水対策が必要です

工業地域は浸水対策が重要

工業地域における浸水対策には注意点が存在します。集中豪雨や台風などの影響で河川が氾濫し、工場などが浸水被害を受ける可能性があります。そのような状況に的確に対応するためには、工場の建設にあたって排水用のポンプを設置するなどの浸水被害への備えを十分に行うことが重要です。また浸水被害発生時には現場が混乱して適切な対応を期待できない場合もあります。そのような事態に備えて事前にマニュアルを作成しておくのも有効です。設備の充実やマニュアル作成など注意点を守り工業地域の浸水対策を事前に講じることで、実際に浸水被害が発生した場合にも適切に対応することができます。河川などが氾濫し工場が浸水した場合には水が退くまでの間操業が停止するだけでなく、その後の工場経営にも影響を与えます。浸水によって機械の故障が発生したり、工場を操業するために必要な材料が使用できなくなることもあります。また操業が不可能となれば従業員を解雇する必要性も出てきます。工業地域の浸水被害ついて様々な注意点を考慮し、事前に浸水対策を講じておくことでその後の被害拡大を未然に防ぐことが可能となります。工場を操業するために、浸水への備えは必要不可欠なものです。

工業の深い情報

↑PAGE TOP